旅を終えて

  • 2017.09.18 Monday
  • 11:37

✨✨✨Luna✨✨✨

 

現実の放棄は妥協なしに選ぶだけ

 

「あの夕陽は素晴らしい」

「あの海は綺麗」

「ドブの水は汚い」

「あの人はムカつく」

あらゆる違いを必死に見ようとしてるけど、

世界の外から見ると同じ1つのもの。

だけど、ここだけが素晴らしい、ここが素晴らしくないなんてない。

いいとこ取りなんてない。

この幻想世界を見続けるか、今回でこの幻想世界に別れを告げるかだけです。

今までは全て自我の見方をしていただけで、

自我のまやかしを見抜けるってことは、分離なんてしてない。

この分離世界では何も起きてないってわかりました。

本当の自分にはなんの影響も与えることができなかった。

自我主導でのことは全て儚いし狂ってるだけだったんです。

私は見る目がないから

外に対して人に対して出来事に対して意味や価値や真実を見出す権利なんてないのだ。

私は何も出来ないから

現実で行為者になる権利もないのだ。

私は何も知らないから

物事を判断する教える権利なんてない。

私は全て間違えるから

世界に対して思考や妄想や感情、状況に対する実況中継を当てはめる権利もない。

しかもそんな私には世界を解釈する権利も何かを判断して決断する権利もないのだ。

しかも私が一人で頭の中の知識で判断、決断すると分離や苦しみが混じってしまうのだ。

そんな私はプライドを持つ権利なんてないんだ。

毎瞬、積極的に自主的に自我を信じて同化を選んできたのだ。

もう私の解釈はなんの意味もないのだ。

自分が分離を決断したのに関わらず被害者になって怒りや憎しみ苦しみに対して怒りを向けてきたのだ。全ては外側に責任転嫁をしてきたんだ。

そんな私は他人を助ける権利なんてない。

原因が外にあると勘違いしている時点で狂っている。

しかも内面の原因となってることすら全てが狂ってるんです。

ここまで自虐的なことを書いてるけど、

正直ホッとしてます。

こんな自分を下げ荒むようなことを書いてるけど、

それを咎めようとも思えません。

むしろ当然だよって思えるんです。

だけど私は狂ってることに同化して現実に意味づけをしてきました。

本当に儚い夢見の中で苦しみを見てきました。

本当に一切の妥協なしで私は今回でこの夢見を終わります。

 

一人で旅に行けることもできました。

私はこの機会を逃したら何かを先延ばしするかもって思いました。

だから旅に出て見ました。

何かを得ようとかじゃなくて。

もう一個、決めたことがあります。

進学はしません。

高校を出てないと就職とかできないとか将来がないとか、

今まで大人のエゴを信じてきました。

だけどエゴも自我も全て幻影でしかないし、

この世界で私は選ぶ権利も決める権利もないんです。

本当に自分の望みがはっきりわかったからです。

私はそっちへ進むだけです。

 

旅でたくさんのことを教わり、その教わったことをみんなと共有できたこと

本当にありがとうございました。

本当に絵のない絵本に絵を入れるのは自分なんですね。

 

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM