動機

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 22:13

目的と動機が問われるってテーマで描いてもらいました。

自分が自我を選んで自我で物事を見続けるのか、自我を選択することをやめるのか決断の主体は自分にあるって感じがする絵だと思いました。

 

 

✨Luna✨

 

 

【真の目的と動機が問われる】

 

真の自由って言う目的と動機を見失わないようにしないと、

自我と同化して、

自我をありのままに見つめることも、認めることも、

謙虚さも誠実さもなくなり、傲慢になり、

現実の鏡の中へ入っていくことになる。

本当の自分と調和して現実を見ようとしてるのは誰かと見出すと、

その誰かさんは真の自由への目的と動機を見失ってると言ってもいいかもしれない。

現実を見るということは自我と同化しているからだよ。

本当の自分とは感じることもなく感覚もなくなるものだよ。

その感覚すら本当の自分によって消し去られるからね。

真の自由への目的や動機を見失わない限り本当の自分が外へ向いた全ての自我意識を消し去ってくれる。

もし自我意識を自分で消し去ろうとしてるときは真の自由ではなく、自我との同化だな。

自我と本当の自分どちらかを選ぶ選択の余地があると思っているところが平安への障壁なんだよ。

外側は全て本当の自分と自我との関係を投射してるだけなんだ。

目の前にいる人、ゴキブリも全て自分自身なんだ。

だけど外側に対して行ってきた解釈は全て自分じゃなかったんだ。

例外なく外側に向いた全意識を内側に招き入れることによって平安は内側にとどまるんだ。

もし外側に何か小さな名残や未練があるのなら内側にとどまる平安は内側にとどまっていられない。

自我は分離と不足維持だから、どんなに小さな名残や未練に餌にしてしまうのだ。

だけど現実の放棄は一点集中なんだ。

平安になるわけじゃないんだ。本当の自分の位置から外側を見てしまうからだ。

まるで内面で戦争を見ているかのようになるかもしれない。

それだけ外側に同一化して平安に抵抗してきたことが見えるからね。

本当の自分に泣きついて泣きついて泣きつくだけなんだよ。

自分なんて無力で何も出来ないんだからな(笑)

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM