絵の無い絵本

  • 2017.09.10 Sunday
  • 12:14

🌟🌟🌟Luna 🌟🌟🌟

 

 

【何もする必要などない】

 

小さい頃クリスマスになると「何が欲しい」って言われて、あれこれが欲しいって言っていたんだ。

そしてプレゼントを買ってくれて喜んでいたんだ。

だけど、ある時から「サンタさんはいない、もっと現実的なものを選びなさい」とかプレゼントを買ってもらえなくなったんだ。

ここでAとBの二人の子について話をしよう。

ぼくと同じ経験をしたA君とB君はある時を境にプレゼントをもらえなくなったんだ。

そこに変わり者の人が現れたんだ。

二人に向かって「君達はプレゼントを与えられてるよ」って言われたんだ。

二人ともここではわからなかったんだ。

「あれが欲しいって言う欲しくなるような状況が続いてるよ」って言われたとき、

A君はそうかもしれないって思ったんだ。だけどB君はそんなわけがないって思ったんだ。

そして二人の前で「プレゼントを欲しがることをやめたらサンタさんがこの子にどんなプレゼントを与えてあげようかわからなくなるから困り果てて、その子の後ろにくっ付くしかなくなるんだ。それでもプレゼントを欲しがる気配がないと常に最善のものを与えるしかなくなるんだ」

A君はある決断をしたんだ。だけどB君はやっぱりプレゼントを欲しがる道を選んだんだ。

B君が家に帰った後にA君が「嬉しさも幸せも楽しさも喜びも欲しがることをやめてごらん」って言われたんだ。

そしたらA君は「この世界ごと欲しがることをやめる」って言い出したんだ。

 

何が充実した人生なのかは物質的な世界で満たされることが幸せや豊かだと思っていたんだ。

だけど、ぼくはこの見方は単なる「もの乞い」だと気がついたんだ。

これはサンタさんを困らせるどころかクリスマス以外の日も欠かさずにプレゼントを欲しがってるもの乞いだとね。

本当の実在を選ぶということは、

全ての物質的な世界の考え方や感じ方を放棄し自由になるところから始まりなんだってわかったんだ。

男女といった観念、人間であるっていう観念、そしてそれに付随する全ての観念さえ放棄する。

そして全ての自我との同一視を放棄して、

自分自身を顧みて考えることを放棄して

あらゆる考えを放棄して

物質的、外部知識など

自分の幸福について心配すること

そして全ての欲望を放棄して

そして成果を出すことや達成知るべきことなどないってこと知り

今ここで完璧。

今ここで完璧だとわからないのは世界があるからなんだ。

この世界に意味や真実

そして何も必要ないってことを知ったんだ。

 

話を聞きながら書いて編集したんですけど、

私も物乞いをして来ました(涙)

色々なものを欲しがったり、可愛くなりたいって思ったり

無いものねだりばかりでした。

この話を聞いてると話をしてくれてる人は絵を描くのが本当に上手なんです。

そして世界を放棄したところから絵を描いてるんです。

私もこの絵本の絵を見ます。

今は完全に世界を放棄できて無いかもしれないけど、

本当の私から見れば、現実であれこれ理由をつけていってることは全部、言い訳なんです。

分離、不足維持のための言い訳なんです。

自我と同化して世界を見ることをやってきました。

それと同じくらい簡単に現実を放棄するのも簡単だって言われました。

私はこの世界を放棄しました!

全てを放棄しました!

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM