最初から幸せでした

  • 2017.07.21 Friday
  • 23:38

☆☆琉奈☆☆

 

最高の門出になりました。

 

友達と地元のお祭りに行ってきました。

現実を全て受け入れるってことがわかりました。

わかったときに、もう気がつきとか書く必要もないし、何もかもあるがままでいいって思えました。

最初は気がついたことがあったら書いてって言われて、書くことなんてないって思っていたけどたくさんの気がつきがあって書くことが出来ました。本当にこれだけでも感謝です。

映写機から放たれる光ってフィルムに触れた時点で全ての経験し終わっているってわかったんです。だけどスクリーンの中にいる私の方は過去になったものを今経験してるようになってるんです。そしてそこで色々、考えたり何かする。全部が自分と現実、自分と他人、自分とモノと全てを分けて、自分を自分だと信じて、何かと分けている中で幸せを探したりして、友達が増えると嬉しいとか将来、素敵な人と出会えたら嬉しいとか思ったりしてました。だけど、これは自分と何かと分けてでの幸せとか嬉しさで、もし相手の方に何かあったりしたら、その嬉しさも幸せも崩れる。だけど全て自分自身なのに私が自分と他人と分けることをしてあるがままを歪めて現実の私を同一視することを選んできました。

でも自分と他人を分けてでの幸せじゃなくて、現実空間、私ではない私の全てを映写機そのものの私の光と一体化が本当の幸せなんだって気がつきました。

最初から私は幸せでした。

本当に最初から幸せでした。

完全に一体化されていた。

本当に何もしなくていい。

嬉しくなって現実の私ではない私が涙を流してました。

涙を見た友達から急に泣いてどうしたのって言われて、嬉しさで泣けるんだって思いました。お祭りの提灯の光が輝いて見えました。

心極道NO1を知って本当に良かったです。

もしキッカケもなかったら、本当の幸せを知らないで過ごしていました。

たくさんのコメントを読んでたくさんの気がつきを貰ったこと、

心極道の仲間の皆さん、本当にありがとうございます。

 

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM