女子会トーク

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 20:22

麻里

 

女子会トークで話した質疑応答かな(笑)

内容は録音したのを文字起こしした。

 

1、麻里さんにとってスピリチュアルって何ですか?

 

スピって目に見えないものを飾って表現してるって感じがする。

その表現がわからなくなって振り回されてる人が多いような気がするものって感じ。

 

2、スピだと覚醒まで行かないんですか?

 

スピだから覚醒できるとか出来ないって関係はないけど、スピの言葉にいろいろな概念を持たせて目に見えない世界をエゴで覗こうとしてるって感じがする。

 

3、過去生はあるんですか?

 

あるとも言えないしないとも言えない。だけど過去や未来があるって思ってるのはエゴってことは言える。

霊的、神的、ハイヤーセルフとかに頼って何かをアプローチするって感じがするけど、それがスピだと思ってる人が多いと思う。

 

4、ハイヤーセルフって何だと思いますか?

 

ハイヤーセルフってすごい存在とか、自分の守護霊みたいな感じとか、守護天使みたいな感じとか、人によってハイヤーセルフはこれだよって決めてる人もいると思うけど、それは自分とハイヤーセルフって感じで自他の存在のようにしてる人が多いと思う。

私はハイヤーセルフって何かってことはわからない。

エゴは自分じゃないから、エゴを超えた存在かな。

 

5、願望って何ですか?

 

願望はエゴがいつまでも叶えたくないって思っていつまでも叶って欲しくないって状態を維持することを願望って思ってるよ。

 

6、願望が実現するって麻里さんにとってどういうことですか?

 

願望が実現するとかしないとか気にならないな(笑)

出かける時も、服を着たり、靴を履いたり、ご飯を食べたり、日常全てが願望実現してるから当たり前のように身体が動いてるだけで、既に願望が実現された世界にいるから願望が実現って言うより「願望=実現」ってしか思えない。

願望実現をエゴで知ろうとしても不可能だよ。日常全てが願望実現されているし、知覚できないくらいのスピードだから(笑)

 

7、既に願望が実現された世界にいるって?

 

これはエゴの中にいると受け入れられないし理解もできない

ここで〇〇さんが思ってる願望って特定のものだと思う。

例えば恋愛成就とか宝くじを当てるとかって感じかな。

それって「今彼氏、彼女がいない」から恋愛成就したい

「お金があれば安心できる」だから宝くじを当てるとか現実に対してこの世界は不十分なことしかないという前提がエゴが維持してる状態で、その不十分さを解消するのは恋愛成就とか宝くじってしてる感じのものを願望って呼んでるかもしれない。

 

8、スピリチュアルって未来を良くしたいからやる人もいます。

 

まず自分が描いてる未来が本当にあるのかってところを疑ってみるといいかも。

こうなって欲しい未来っていう理想があると自分の意見を後押ししてくれることを言ってくれる事とか、目に見えない力を使いこなせる人が言ってるから大丈夫だって一時的な安心感を得るだけになってるような気がする。

 

9、ハイヤーセルフと繋がるとかってあるんですか?

 

ハイヤーセルフと繋がるのは誰かがいないと繋がらないですよね。

でもその繋がる誰かって誰のことかわかると、ハイヤーセルフと繋がるとこうなるとか言ってる誰かさんが作り出した幻想だってわかるかもしれない(笑)

 

10、麻里さんはスピが嫌いなんですか?

 

好きとか嫌いじゃなくて、スピの言葉にいろいろ概念をくっつけて訳がわからないことになってる感じがするだけ。スピをエゴが理解したこうなるんだろうなって見せてくれてる感じ。スピが間違ってるとかじゃなくて、スピの言葉に踊らされてる人が多いって感じかな。エゴのことを知ってる人は踊らされないかもしれないけど、エゴと同化してるとスピは新鮮さとか与えてくれるかもしれないね。

 

11、麻里さんは恋愛しないんですか?

 

恋愛には興味ないかな(笑)

 

12、どうしていつも楽しそうなんですか?

 

何でも楽しく感じちゃう。

 

13、麻里さんには悩みとかなさそうで羨ましいです

 

悩みとか不安もないなー

 

14、麻里さんにとっての真実ってなんですか?

 

真実って言うより、人ってなんらかのグループに属していて、例えば学生なら学生というグループ、社会人なら社会人のグループって感じで、その中でアイデンティティを持っていて自分たちの意見や主張を維持するために争っていて、そして自分が属しているグループから他のグループにどんな意見を言ってもお互い見解が違うのにいつまでも主張しあって議論をしてる考えを持ってさらにその考えを深めていくことが最大の能力だと定義してるのが人間って感じがする。だけど人って概念が消えたとき残るのはなんだろう?私は「人」であるという信念を持ち続けている間は私の言う真実には到達できない。だけど、多くの人は真実に行こうとすると言い訳が始まって真実には行かない。根本に私は「人」であるという信念が消えたらどうなるかわからないって言う恐れがあるから。やっぱり今度はこの意見がいいのかなと他の意見と比較して「人」という信念を持ち付けたあなたにとって都合のいい解釈をする人の意見を聞きにいろんなところに回るようになる。それは棒高跳びのハードルを飛び越えるようなものです。棒高跳びのハードルって「エゴ」のことなんだけど、このエゴは「人」であるかのようなことを言ったり、守ったりしてくる。あなたが「人」であるように引き止める。だけど私にとっての真実は「ただ在る」という在り方。これは空想とかスピリチュアルのようなことじゃない。現実から逃げるための方法や手段でもない。今までの考えではないってこと。だからこの真実は体感しないとわからない。恐れを持っていてもいいから、恐れや苦しみに飽きてるのならいずれわかる真実だと思う。

私の真実って「ただ在る」という在り方かな。

 

15、なんか深い話を聞けてよかったです。スピとかの域を超える感じがしました。

 

ありがとうねー

 

 

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM